違法な残業とは

今の時代、どこの会社でもある程度の残業が行われることが多いと思います。
公務員ですら定時に上がることができずに残業する時代ですから、每日の時間に差はあるにせよきっちり8時間労働を週に5日、週に40時間以内の労働時間で働いているという人は少ないですよね。

ある程度の残業というのは仕方の無いことかもしれませんが、法律によって残業の際にも給料を支払わなければいけないという決まりがあります。
あなたの残業代、ちゃんと支払われていますか?
每日1時間程度の残業の場合は、残業代が支払われていなくともしょうがないと思うことも多いかもしれません。しかし実際は每日1時間だろうとも支払わなくてはいけないことに変わりはありません。
そして最近増えているのが異常に悪質なケース。
每日5時間6時間、1ヶ月で100時間以上も残業をしているという人が増えているんです。
1ヶ月で80時間の時間外労働、つまり残業があるというのが過労死のラインになっています。1ヶ月100時間働いているという人は過労死をしてしまってもおかしくないというわけなんです。
さらにその残業代が支払われていない、未払い残業代が発生しているというケースがとても多いんですね。

自分1人で会社に立ち向かうのは難しいかもしれませんから、未払い残業代という問題については弁護士に相談するのが一番だと思います。
未払い残業代がいくらあるのかということさえわからない人が多いと思います。弁護士に相談すればまずは未払い残業代がいくらあるのか、未払い残業代を請求できるのか、ということから相談に乗ってくれますよ。
会社の残業代についてどこに相談したらいいか分からなかった人もいると思います。
あなたのそんな悩みは弁護士が全て解決してくれるんです。まずは一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

外部おすすめサイト

東京で深夜まで対応してくれる弁護士がいてるんです『ベストフレンド法律事務所』
こちらで詐欺專門の弁護士が探せるので相談しましょう『消費者問題解決.net』
離婚専門の弁護士ならこちらから/ウェブリブログ
埼玉の弁護士ならこちら|彩の街法律事務所
千葉の弁護士事務所で未払い残業代や不当解雇の相談を;弁護士法人 房総法律

カレンダー
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031